原宿シネマ×FRED PERRY ~UKサブカルチャーを感じる映画たちvol.1~

上映日時 2015年5月10日(日) 13:30 開場 14:00開演
上映作品 『THIS IS ENGLAND』
館長 渡辺俊美/ミュージシャン(TOKYO No.1 SOUL SET)

イベント紹介

今回の原宿シネマは、UKユースカルチャーを牽引してきた ファッションブランド/FRED PERRYとのコラボレーション企画です! ゲスト館長とともにUKサブカルチャーの背景を紐解き、 その時代に確立されたファッションや音楽などの魅力を紹介していきます。 第一回目はTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美さんを館長にお招きし、 スキンヘッズ・カルチャーをリアリティ溢れる映像で描写した 青春映画の傑作『THIS IS ENGLAND』を上映。 上映後には、トークショーや館長によるミニLIVEをお届けします。
FRED PERRY JAPAN 公式サイト:http://www.fredperry.jp/

館長からの一言

イギリスという国は、ファッションや音楽など色々な見方はありますが、この映画はど真ん中のイギリスの若者達を描いた青春映画です。
たくさんのイギリス発の青春映画はありますが、平成に入ってからはこれがナンバーワンではないでしょうか。

日本と同じ島国の小さく狭い考えかたや、海外に憧れグローバルなものを持ち続けながら愛国心があるというのは日本の侍にも似た感じはあると思います。
そういった、他の国の伝統や秩序や文化を知りたければ、この映画を見てください。一緒に楽しみましょう。

渡辺俊美(ミュージシャン(TOKYO No.1 SOUL SET))

TOKYO No.1 SOUL SETのヴォーカル、ギター、サウンド・プロダクション担当。独自のメロディとカラーを持つヴォーカルは各方面で定評があり、様々なアーティストの作品への参加、近年ではプロデュースワークもこなす。
2010年1月20日には自身の音楽的好奇心を反映し試みるプロジェクト、THE ZOOT16のメジャーデビューアルバム『ヒズミカル』をリリース。また、福島出身のミュージシャンとクリエーターで2009年に結成されたバンド「猪苗代湖ズ」(渡辺俊美はBASS担当) として、2011年12月31日には第62回NHK紅白歌合戦に出場。2012年1月14日~2月26日まで、渡辺俊美、初となる個展「ソバカス」(会場:勝どきbrf) を開催。2月8日には、THE ZOOT16初のベストアルバム「Z16」をリリース。そして、翌週2月15日には、過去4タイトルリリースした、ジャズ・コンピレーションCD「BRUSHING WORKS INTER PLAY」の、最新作にして、ベストセレクト盤「BRUSHING WORKS INTER PLAY My Favorite Swings」をリリース。さらに、6月13日には自身初となるソロ名義でのアルバム「としみはとしみ」をリリース。全国各地でソロライブ、イベントを開催している。
また、2014年春には自身のtwitter(https://twitter.com/zootset)で人気のお弁当を中心にまとめた書籍「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」をマガジンハウスより発売、発売初日からamazon男の料理部門でベストセラー1位を記録し5万部を超える大ヒット。好評発売中。
http://www.t1ss.net/
http://www.watanabetoshimi.com/

作品解説

1980年代初頭のイギリスを背景に、フォークランド紛争で父親を亡くした少年が仲間と出会い、自分の生きる道を見いだしていく社会派青春ドラマ。『家族のかたち』のシェーン・メドウス監督が自身の実体験を基に、当時の労働者階級(スキンヘッズ)の生活をリアルに描く。本国イギリスで驚異的な大ヒットを収めたほか、数々の映画賞を受賞。若者たちが好んだファッションや音楽など、当時流行だったカルチャーを徹底的に再現しているのも見どころ。

〈あらすじ〉
1983年イギリス、フォークランド紛争で父を亡くしたいじめられっ子のショーン(トーマス・ターグーズ)は、ふとしたことからスキンヘッズグループと仲良くなる。彼らと同じような格好をし、仲間との生活を楽しんでいた。しかし、彼らのリーダーだったコンボ(スティーヴン・グレアム)が出所してから事態は一変してしまう・・・

監督・脚本:シェーン・メドウス
出演:トーマス・ターグーズ、スティーヴン・グレアム、ジョセフ・ギルガン ほか

2007年/イギリス/98min.
© WARP FILMS LIMITED, FILMFOUR, THE UK FILM COUNCIL, EM MEDIA, SCREEN YORKSHIRE

トークゲスト

鮫肌文殊(さめはだ・もんぢゅ)

1965年神戸生まれ。放送作家。
「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ)などを担当。TV関係のエッセイ連載も多数。 昭和歌謡全般、Oi!/SKINHEADSのディープな知識を活かして『決定!レコ歌ベストテン』(毎週木曜20時・中央エフエムにて生放送)パーソナリティや、レギュラーパーティー『輝け!日本のレコード大将』(毎月第2金曜・渋谷オルガンバー)、『歌謡曲主義』(毎月第3火曜・恵比寿頭バー)をはじめ、DJとしても神出鬼没に活動中。

トーク進行

佐藤誠二朗

ボノボプロダクション代表、編集者/ライター
1969年東京都生まれ。 宝島社「smart」の編集長を9年間務めた後、2010年宝島社を退職。
同年に独立し、ボノボプロダクションを設立。

タイムスケジュール

13:30 開場
14:00 開演・館長挨拶
14:05 上映開始
15:45 館長によるトークショー
『UKサブカルチャーにみるファッションと音楽』
《トークゲスト:鮫肌文殊/放送作家》
《トーク進行:佐藤誠二朗 ボノボプロダクション代表、編集者/ライター》
16:15 館長によるミニLIVE!
16:30 イベント終了

※注意事項 満席の場合、立ち見になる可能性もございますので、ご了承ください。

料金

無料(原宿シネマHPより要予約)

アクセス

会場:VACANT
東京都渋谷区神宮前3-20-13
最寄駅:東京メトロ「明治神宮前」駅(5番出口)/JR「原宿」駅(竹下口)
TEL:03-6459-2962